Aim at the most speed?

また復活しますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしっ!今日こそは工具紹介を! ドライバー編

データー消えるなよ~。。。


頼むよ~。。。





ちなみにKLXのカスタムですが、「来月は何を買おっかな~♪」っと思っていた矢先…
11月は知人の結婚式があり、自分のバイクに使うお金が無さそうなので保留。

12月は正月休み中、実家に帰る(愛媛県)予定でそちらにお金がかかるのでやはり保留(;ω;)

更新する内容が著しく減ってしまう為、今回は工具のご紹介の続きをしようかと(笑

まぁ、予定では11月にモトクロスコースに遊びに行く予定なんで、
また走りに行けば更新します(´▽`)ノ

ロードタイヤ履いてる割には始めて走るコースがダートってのもどうなのかと思いますけどねw





という事で、今回の工具のご紹介はドライバー編です。

erg.jpg

プラスドライバーは特に毎日使う工具の一つですが、非常にナメりやすいネジのひとつです。
工具の精度はもちろん、回し方にもコツがいる作業ですが、
きちんとした回し方を行っても工具の精度が悪ければすぐにナメてしまいます。

そこでロケットが厳選して選んだドライバーをご紹介します。


まずはメインで使用しているお気に入りのメーカー「PB」です。

DSC_00wef16.jpg

スイスツールというネームですので、原産国はおそらくスイスかと思いますが、
プロのメカニックでは知らない人はまずいないかと思います。

なんといってもその制度は抜群!
価格もそれほど高くはないので手にしやすいのもいい点ですね。

ちなみに現在所有しているタイプは「スイスグリップ」というモデルで、
グリップが柔らかいゴムでできていて、油まみれの手でも滑りにくいです。
強度もバツグンで先端がとても頑丈です。

プラスドライバーもとてもいいんですが、このメーカーでオススメするのはマイナスドライバー。

DSC_0018.jpg

通常のマイナスドライバーは先端にいくにつれて細くなる形状が普通ですが、
PBは写真のように途中から平行に伸びています。
ですのでサイズに合うドライバーを差し込めば、面接触でネジを回すことができるので
非常にナメりにくいです。

特にキャブレターのジェット関連の柔らかい材質のネジを緩めるときは必ずこのメーカーを使用します。


非貫通式のドライバーはお手頃価格なので、とてもオススメします♪

ただネックなのが、ネット以外では手に入りにくい点ですね。
あとは貫通式タイプのドライバーが結構高価な点です。

基本的に貧乏な僕はまだ貫通式は所有していません(笑
こちらも少しづつ集めていきます。


お次はスナップオンのドライバーセット(非貫通タイプ)

wdf.jpg

グリップは新型モデルで、力が入りやすい形状をしています。
本来、スナップオンのドライバーはあまり興味がなかったのですが、
PBを買う前に何となく買っちゃいました(笑

ただ、スナップオンを買って失敗。。。

ネジ穴は国によって規格が違う為、ネジの溝も国によって深さや形状が違う場合があります。
スナップオンの場合、アメリカのネジ規格に合わせて作られているので、
日本のネジの溝にピッタリとフィットしません。。。

プラスドライバーに限ってのことですが、
日本のネジの溝に対してスナップオンのプラスドライバーの先端が比較的とがった形状をしている為、
奥までしっかりとはまらず、ナメりやすいのが欠点です。。。

プラスドライバーは♯2と♯3の2種類持っていて、サイズの大きい♯3はまだ使えますが、
一番メインに使う♯2は使い物になってません。

PBを買った今、このドライバーを使うことはまずないでしょう。

特にマイナスドライバーはこじる作業等に使い、すっかり捨て工具化しちゃってますwww

やはり工具はそれぞれのジャンルに力を入れているメーカーを選ぶのが間違いないです。



お次は昔から使用している、お気に入りの貫通式の♯2プラスドライバー。

DSC_0019.jpg

メーカーは日本を代表する「KTC」です。
日本のメーカーですので、ネジ穴にもぴったりをフィットします。
木製グリップですが、結構滑りにくいです。
木でできているので、使うほどに味が出てくるので、使うほど愛着が湧いてきます。

こちらを使用するのは、PBで回らないような硬いネジをこちらをインパクト代わりに使用してます。

PBの貫通式を買ってしまうと、使用することがなくなってしまいますが、
愛着ありありなんで、手放すことはないでしょう。



お次は適当工具w

DSC_0020.jpg

上の赤いドライバーは♯3タイプの貫通式プラスドライバーです。
パルプンテで働きだしたときに店長にもらいました。

でも貫通式は持っていなかったので、必要なときはこれを使ってます。
メーカー不明ですが、スナップオンより精度がいいですね。

下の黄色いのはドライバーではありませんが、大阪のメーカー「ベッセル」のタガネです。
PBが欲しかったんですが、ホームセンターに行った際についつい衝動買いしてしまいました。

しかし、ホームセンターで売っているメーカーとはいえ制度はバツグン!
国産のメーカーの一番のドライバーメーカーはおそらくベッセルかと思います。

精度もさることながら、このメーカーは強度があるので、比較的に長く使用できるのもいい点です。
プラスドライバーは基本的に消耗品ですので、少しでも先端が磨り減ると交換するのがベターです。

その点で今日のあるメーカーを選べば結果的に安くすみます。



お次は精密ドライバーで、メーカーは「ベッセル」です(笑

DSC_0021.jpg

マイナスは特に捨て工具として使用しており、細かい箇所のコジる作業に使ってます。
ホームセンターに売っているので、折れたらすぐに購入できます。
といってもまだ、折った事ないですけどね。


という感じで、ドライバーひとつにもかなりのこだわりを持っている今日この頃の
ロケットでした~。
スポンサーサイト

ロケット工具のご紹介

え~と。。。

最近、バイクネタがないので暇つぶしにロケットの工具紹介をしたいと~。
工具マニアのみご覧下さい(笑

僕ヒマです。


昔からレースしてたのである程度の工具は持っていましたが、安物ばかりでした。
まぁ、たまにしか触らないので、それで事足りてたんですが、
今はメカニックとして勤務しているので、いい工具を使わないと!

で、今までコツコツと買い揃えた工具をご紹介しようかと。


今回は使用頻度の高いラチェットからご紹介。

DSC_0007.jpg
ラチェットに加えて、スピンナーハンドルも一緒に。
差込角がそれぞれ違います。

まずはスピンナーハンドルです。
差込角1/2インチで長さは450㎜です。
ホイールシャフトのナットなど、高トルクが必要な箇所に使用してます。
グリップ部もいい感じのギザギザがグリップしてとても使いやすいです。

DSC_00081.jpg

お次は昔コーナンで買った安物ラチェット(笑
差込角1/2インチタイプ。
長さが短いので、この差込角に使用する大きいソケットでは力がかからないので
使用頻度があまりないです。なのでまだ使ってますw
ギアも軽いので使いやすいので買い換えるのはまだ先かな??
ちなみにメーカーは「プロダクション」だったかな???
DSC_0010.jpg

そしてメインで使用している3/8差込角のラチェットで、メーカーはもちろんスナップオンです。
スイベルタイプのロングバージョンで、ギア数はなんと100ギア!!
カチカチが凄く細かくて、狭い箇所でもストレスなく回せます♪
スイベルタイプなので下のような使い方も可能。
DSC_0009.jpg
DSC_0014.jpg
スナップオンで修理も無償でしてくれますが、
100ギアなのでできるだけ高トルクはかけない様に気をつけてます。

お次は上のラチェットと同様の3/8差込角のスナップオンのラチェット。
フレックスタイプをチョイスしましたが、やはり首を曲げて使うことが多いので、
ストレート構造よりおすすめですね。
こちらはヘッドが1/4差込角タイプのものを使用してるのでとてもコンパクト♪
8㎜から12㎜頭のボルトくらいならこちらをメインに使ってます。
ギア数もこのコンパクトの割りに72ギアなのでこちらもギアが凄く軽いです。
しかもスナップオンなのでギアが凄く丈夫♪壊れても治してくれる♪
DSC_00111.jpg

最後は1/4角の超コンパクトラチェット。
昔から使ってます。メーカーはアストロ(笑
これが結構重宝していて、7㎜~10㎜頭の狭い箇所にあるボルトはこちらを使ってます。
今のところ、壊れる気配はないので、もう少し使ってあげますw
余裕ができたらスナップオンが欲しい♪
DSC_0016.jpg


所有しているラチェットはこんな感じで、買い足す必要は無いのですが、
長いものから短いものまで欲しいものは沢山。。。

買うならやっぱスナップオンかな。

しかしスナップオンの唯一のネックがソケットを抜きにくいことですね。
プッシュボタン式もラインナップされていますが、基本的にソケットは手で引っこ抜くのが
メインなスナップオンですが、なんせ硬い!!
使うごとに抜きやすくはなりますが、オイルで滑りやすくなってる場合は、
ショートソケットだとまず抜けません。。。
マイナスドライバー突っ込んで引っこ抜きます(笑


ってな感じで、ロケットのラチェットシリーズのご紹介でした。
ヒマなら違う工具もご紹介しますwww

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。