Aim at the most speed?

また復活しますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケットサーキットデビューの頃 その4

9月頃に退院して約3ヶ月間ほどは手首がうまく曲がらなかったので、
リハビリしながらハヤブサに毎日乗ってました。


見た目重そうなバイクですが、パワー特性もマイルドだし、
跨った後は見た目に比べて爽快に走ってくれたバイクでした(^ω^)

現在街乗りは殆ど興味がありませんが、乗るとなればハヤブサかも?
って思えるくらい、いいバイクでした。



しかーーーーし!!!
ロケットは街中をノロノロと走るのにはもううんざりじゃ!!!

サーキットをぶっ飛ばして腕を磨くのじゃ!!!


って事で2006年の正月。。。
腕がある程度動くようになりましたので
1月2日がロケットライダー初のレーサーバイクでの初走行日となりました(・∀・)


トランポは・・・・・・・・・・・・・・・・




ないのでレンタカー屋からハイエース借りてきました(笑





「ハヤブサ買うなら車買えよ・・・」





こういう遠回りするのがロケットライダーでして・・・


で、一人で行くのは心細いと言う事で、当時の後輩にお小遣いをやるという約束で同行。
本人もサーキットに行くのは初めてな子だったのでウキウキ気分だった模様(´∀`)♪




夏にライセンスを取得後、初の岡山国際サーキット!!!
周りは一面雪景色。


今なら寒いからパスっ!!
となるでしょうが、このときのロケットは違いました。

寒かろうが凍えようがウキウキ~~~ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャ

さっそくバイクを下ろしてスタンバイ。





普段なら、オイルチェックや空気圧チェック、タイヤウォーマー巻いたりと
色々とやる事はあるのですが・・・

なーんも知らんのでそのままの状況で初走行。。。



ちなみにこの時は金無くてタイヤウォーマーもっとらんかった(汗
※ウォーマーの重要性もあまり分かってなかった。。。




約半年間放置バイクだった状態で、しかもウォーマーなし+真冬に走行すると???













コースイン直後の1コーナーでフロントからスリップゥゥゥゥゥゥゥ(馬鹿







「なぜじゃーーーーー!!!」





起してみるとダメージは殆ど無し。
レバーが折れたくらい。

そのままピットに戻ってその枠は終了。

コースイン直後にフロントタイヤに違和感があったので、隣のピットの方から
エアゲージを借りて空気圧を見てみると???



1.0kgでした(;´Д`)




「そら転ぶわな」


という事で適正値まで空気を入れて、走れるようにしてスタンバイ。














この時点ではまだウォーマーの重要性&先程の転倒の原因の要素の一つ・・・

とは気づかず・・・(笑








ロケットは青く燃え上がる炎のように燃えはじめるのです(`・Д・´)





「今来ているすべてのライダーぶちかましたらぁ!!!」




冷静な判断も必要ですが、燃え上がるような闘志もレースには必要不可欠!!!



フロント、リア共に空気圧も計ったぜ!!


完璧!


体から湯気をあげながら2枠目コースイーーーーーンッ!!!!!!!!


















1コーナーハイサイドォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!orz

















ブーメランのように直立状態でクルクル回転しながら吹き飛んでいくロケット(泣



このとき初めてウォーマーの重要性に気づいたのです。






マシン大破(涙



足捻挫orz




同行した後輩は僕の走るところ見ず終了!www






コレがロケットライダーのサーキットデビューランとなりました。





走行距離     約200m











悔しくて悔しくて、帰りの道中は涙で前が見えませんでした(TДT)





かなり凹んだロケット ○| ̄|_

すぐさまマシンの写真を撮り、ヤフオクへ出品しようとし始めたのです。。。












つづく





※ちなみに、その時同行した後輩は二度とサーキットについてくる事はなかったのです(;ω;)
スポンサーサイト

ロケットサーキットデビューの頃 その3

当然ながらそのまま入院生活となったわけでして(つД`)orz



バイクの話は???


そうなんです!!!
ヤフオクでZX‐6RRを落札し、「明日振り込みます♪」メールを相手方(師匠)に
連絡したその日だったんです。。。(´・ω・)

入院して、両手ギブスの吊り下げ状態で電話は当然できず、
僕のオカンがいつの間にか電話してたそうな。

「すみませんが事故したので今回はキャンセルします。」




ちと待て!!!

買うで。。。




その後にまた電話してもらい、お金も振り込んでもらいました。




が!



今バイクを送ってきてもらってもどうしようもできないので、退院までしばし保管してもらう事に。



入院中、感染病にかかって死にそうな目にあったりとしましたが、約2ヶ月の入院生活を終え、
無事退院””ハ(^ー^ )パチパチ

すぐさま相手方にTEL。

運送会社に輸送してもらう予定でしたが、直接姫路から松山まで持ってきてくれるとの事♪









数日後納車(*´∀`*)


Dscn17362.jpg



これが僕の初レーサーです!
納車されたのですが、当然手首が固まっているのでしばらく乗れません(´・ω・`)






バイク乗りたい(´・ω・`)
でも姿勢きついから乗れない(´・ω・`)
ってか街中でもバイク乗りたい(´・ω・`)







で6RRの次に買ったのが


3489-hayabusa.jpg
※写真残ってなかったので、公式ページから引用


99年初期の中古のハヤブサ。


買ってもた。。。



つづく

ロケットサーキットデビューの頃 その2

その後につきましては~~。

救急車が来て、オカンが来て、救急病院へ~




救急隊員が「腕から骨出てますよ」との一言。

「うそぉおぉん・・・orz」

見てみると、腕が変な方向に曲がって、折れた骨が2本突き出てますね(;ω;)
痛みは全くなく、頭が麻痺っていたからでしょう。
それにこういう怪我も慣れてるっちゃ慣れているので腕見ては「ふ~ん」ってな感じ。。。


んで、意識あったりなかったりで、救急病院に到着。
レントゲンを全身撮ることになりますが、全身なんで何せ長い長い。。。

疲れているし、喉がすんげー渇いてるし、「水をくれ」との一言も難なくスルーされ。。。
レントゲンが終わった先生の一言が。

「うちの病院では面倒見れません。」





(゜Д゜)ハァ?







で、また救急車が来て次の救急病院へ。
撮ったレントゲンを次の病院に渡してくれればよかったような感じですが、
そうでないようでまた全身にレントゲン・・・(泣

空腹って言うのはある程度耐えられても喉が渇くのはすごく苦痛なもので、

「水飲ませろや~(♯゜Д゜)」

と叫んでしまう始末。

しかし、


「無理」


の一言で撃沈。。。(´・ω・`)

結局、事故から数時間後にレントゲン終了。


骨折箇所は・・・

右腕3箇所
左腕3箇所
左足2箇所(たしか
股間激打・・・(タンクの股間部分が縦長に大きく凹んでたw


の計8箇所の骨折。
腕がへし曲がって骨が突き出していた箇所が一番酷く、
当然曲がった腕を元に戻してもらわねばなりません。

麻酔注射してもらって、曲がったところを伸び~んと伸ばして、骨を中に押し込んで、
ゴリゴリと骨の位置を合わして完了。

手術は後日という事で、簡単なギブスで固定。

外はすっかり明るくなっていました(´∀`)





次は何書こっかな~

ロケットサーキットデビューの頃

岡山国際サーキットで戦友でもあり仲良くしてもらってる高間さんのマネして
暇なので昔のお話でも書きつづってみようかな~って思って、重い腰上げて
皆様にデビュー当時の頃をお話したいと思います(笑

写真があまり残ってないですが、ご了承を。。。





え~~~・・・。

まずはサーキットライセンスを取得したいと思い、その翌週にはライセンスを取りに
岡山国際サーキットへ!!!(当時2005年夏頃)

当時の街乗りバイク【ZX-7R】でそのまま自走。

PICT0028_convert_20090607064521.jpg


こけた事考えずにバイクで愛媛県から向かったところが計画性なし!!!
何故か原因不明のヒューズ切れが出発開始から起こり始め、予備ヒューズを20個くらい武装して
サーキットに向かいますw

無事転倒無くライセンスを取得して帰宅。
サーキットでの模擬レースは当然1位でした(*´∀`*)



さてさてお次はレーサーバイクを購入するわけですが、当然ロケットライダーと名乗る以上、
ただバイクを買うだけの事ですら、いばらの道を辿る事となるのです(笑

知ってる人は知っている。


最初のバイクは2004年モデルのZX-6RRでヤフオクで見つけて即時に落札。
そのバイクがのちにお世話になる「姫路カワサキRTの中村さん」のバイクでした。

出会いはヤフオクになるわけですね(・∀・)

当時は運送会社に勤務していましたが、安月給ではバイクを買う事が難しかったため、
掛け持ちで夜間にアルバイトしてました。


7Rで通勤していましたが、過酷な労働にテンパル僕。。。
夜間3時にアルバイトが終わり、朝の5時には出勤しないといけない状況で、
国道をありえないスピードでぶっ飛ばして帰宅してました。。。


ここで事件がぁぁぁぁあぁぁぁあ(;´Д`)

国道のストレートを「※ぬふわkm」程で爆中、対向車線の車が急に右折!!!
正面衝突と言うかたちで夜空にライダー高橋がロケットのごとく夜空に発射されます(泣

※キーボードをよーく眺めてください。


地面に叩きつけられた後、覚えているのは強烈な苦しみ。。。
小さい声ながらも必死で「助けてくれ~」とぼやいていたのを覚えてます(´-ω-`)

次第に苦しみや痛みもなくなり、意識が遠のいていく僕。
たまたま夜間営業のゲームセンターがあったため、そこの人たちが救急車や
僕のオカンに連絡して貰ったりして、病院へ。

途中、心臓停止し死亡 ●■〓(らしい
救急隊員の手厚い看護により復活した(らしい

生命力はゴキブリ並のようです。










眠くなったのでここまでーー(´∀`)

続きは今度(多分

タンク形状の重要性

レーシングカウルを製作販売しているクレバー○ルフからR6のタンクパットが
リニューアルされていましたね(・∀・)

430_1027_1.jpg

最近の市販車レーサーはタンクのホールド部分が滑らかな形状になっていますよね??
昔のレーサーは股上部の部分も角がある感じで非常にホールドしやすい形状でしたが、
なぜ今のタンクは滑らかなのか。。。

いくつか理由があるのですが、忘れました(つ∀`)

去年の開幕戦。
R6のタンク形状にどうしても馴染めず、形状上どうしても前のめりになってしまっていた為、
決勝ウイークにスポンジとガムテープで無理やり形状変更してたりしてました(笑

20080307123642.jpg

自称マッチョ仕様です。
個人的にはホールド性が格段に上がり、前のめりの姿勢が改善されました。

タンク形状も走りには非常に重要って事ですね。
MotoGPもライダーに合わせて微妙に計上や大きさが違うみたいですし。。。

4輪マシンで言う、シート形状の変更っと言ったところでしょう。

08~09モデル用のようですが、たしか06~07にも使えたような。
R6乗ってる人にはお勧めの商品ですね~~♪

当時からこの商品を作っておいて欲しかった(´・ω・`)


僕はもう・・・(以後略

いやいや頑張ります(笑

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。