FC2ブログ

Aim at the most speed?

また復活しますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買っちゃった

ちょっと前に高くて買えませんでした。
と更新したブログ。。。

ポチっと入札押したらそのまま落札しちゃいましたw
ですので前に更新した内容は削除して買いました更新しときます(笑

ちと予算オーバーですが、エンジン治るとなると胸が高まります(*´д`*)
極上エンジンなのでスペアパーツも沢山残るし♪

また届いたらアップします。
スポンサーサイト

むむっ!

KLX250SRのエンジンがヤフオクに出品されてる∑(`д´)

現在最高入札者は私www
スポーク買う前にこいつをゲットせねば!

走行距離も2000kmという極上物(*´д`*)
キックペダルのシャフトが折れてるらしいですが、自分のものと変えれば問題なし。
ピストンやオーバーホールしたヘッドをそのまま移植すればOK。
ガスケット一式も付属してるので買いでしょう!

買えればいいな♪

さらばネコ氏

DSC_0442_20121022005104.jpg

僕が以前所有し岡山で15分だけ乗った後、そのマシン(GSX-R1000K5)を買ってくれたネコ氏が逮捕。

あばよネコ氏。
パルプンテで一番バイクを買ってくれたお客様。(4台くらい?)※買いすぎw
お友達を一番紹介してくれたお客様でもあります。

君のことは忘れない。
1ヶ月くらい












今日(日曜)はお店の定休日でありまして、仲のいい子が揃って宝塚の十万辻峠に
ツーリングに行ってきました。

DSC_0440_20121022005110.jpg

当然僕は峠は走らないので見物人(・∀・)

どうも今回の企画はお店長とネコ氏のどちらが速いか?
という事で十万辻で勝負することになったらしい(笑

まぁ、サーキットで勝負すれば経験豊富なお店長が圧勝なのですが、
峠では?
とのことらしいです。

DSC_0443_20121022005059.jpg



結果は?

お店長の方が速かったらしい?
僕はボーっとしてたので分かりませんでした(´・ω・`)



とりあえず僕としては、峠でこんなペースでよく走れるな~。
と思った一日でしたw

怖っ!






















ちなみに、この勝負の前に一緒についてきたビモータ(通称ミスタージングルス)乗りの子が
色々あって転倒し、パトカー呼んだ際にネコ氏をパトカー前で撮影しました。

ネコ氏は逮捕されてません。

ちっ。



ミスタージングルスのマシンは全損レベル。
しかし、怪我はなかった模様。

良かったですね。

峠では無茶しないように。





以上!!!


つぶやき

樹脂を何度盛ってもオイルがにじみ出る…
半日で下に1滴垂れるくらい(´・ω・`)

うーーーーーん。
治したい。

クランクケースだけ中古で売ってないかな?
1000円くらいでw


ガチガチに固めたドレンをもう一度解体するか?
もっと盛るか?(笑

気になります。


オイル交換

とりあえず慣らしが終わったのでオイル交換しました。

DSC_0440.jpg

うーーん。



楽♪(*´д`*)


でも、数時間たつと、樹脂で固めたところあたりがじんわりとオイルでぬめってます(´・ω・`)
もともと説明書に多少オイル漏れます。
と書いてたのでこのせいかな?



まだレブまでまわしてませんが、やはりトルクとレスポンスがアップしてます。
新品っていいですね♪

リアホイール修正

職業柄…
一日中お客さんのバイクを触った後、自分のバイクに情熱をかけることができないロケットです。

仕事が終わった時にはずいぶんとへばっていますからね。。。
これ以上工具を触りたくないというwww














言い訳はコレくらいとして、今日もぬきおに頑張ってもらいました。
こやつは粘り強い奴で、納得のいくまでずっと頑張ってました!

縦触れ5㎜あったのを頑張って3㎜誤差まで直してもらいました(´∀`)
マニュアルの規定数値は縦触れ1.2㎜以内なので思いっきり規定外数値なのですが、
中古の使いまわしのスポーク・ニップルなんでコレが限界でしょう。。。





で、帰宅。

























おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!



凄くよくなってる(*´д`*)

普通に走る♪

少し違和感がありますが、街乗りレベルなら問題ないでしょう。
しかし、ペースを上げると不安が上がってきます。
なんせ規定よりだいぶずれてますしね(汗

にしても感謝感謝(´∀`)
今度褒美でもやろうかなw

今月はエンジンの慣らしも含めてペースを上げず、給料が入ったら新品のスポークとニップルを
買うとしましょう(;ω;)

その時はもう一度ぬきおにやってもらおw




エンジンのほうは当たり前ですが全く問題なし!
デコンプ付きカムを装着したのでキックが軽い!
少しガチャガチャうるさいですが(笑

ドレンボルトからのオイル漏れもなし(・∀・)



とりあえずゆっくり安全運転で走るとします。


本日納車

来ましたよ♪
とうとう…

とりあえずオイルを入れて漏れがないか確認。
問題なし!!!!!!!!!

クーラントを入れてとりあえず閉店を向かえ、帰るとしましょう。


































アカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!
振動ハンパない(泣


特に自分のやったリアが…orz
フロントはリアが酷すぎて分からず。

昨日は8時間もやって仕上げたのに(号泣


明日のやり直しはすでにぬきおに手配済み(笑

頼むぞぬきお!!!!!!!!!!!!

ホイール組み付けその3

とうとう来ました!
完成の日!

とはいかず…

とりあえず塗装は終わったのでリアホイールを組み立てていきます。
っが!ニップルって前後違うんですね。

綺麗なものをチョイスして塗装したものの前のホイールのニップルは使用できませんでした(泣
とりあえずリアの未塗装ニップルを組み付けて触れ調整をします。

ある程度はマシになりましたが、縦のフレが5㎜程あり、これ以上は自分には無理と判断(笑
中古のスポークなんで伸びている可能性もあるし、とりあえずこのまま車体に取り付け。

DSC_04331.jpg

かっこいい♪

そのあと、ブレーキフルードのエア抜きを行い、タンク乗っけて完成!!

DSC_04351.jpg

あとは、肝心のドレンボルト。

DSC_04384.jpg

ドレンボルトを締め付け、エポキシ樹脂でクラックをふさぎます。
明日オイルを入れて、1日放置しオイルが漏れてなければ大丈夫でしょう。

とりあえずホイールのブレは明日ぬきおに見てもらおうwww
その後にニップルをタッチアップして完成です!!!
これじゃぁ車体が振られてしまうのかな???
心配です。

とりあえず自分のバイクに乗れるのは明日かな?

楽しみです!!!

ホイール組立その2

我慢弱いロケット。。。

今日の営業中やってきたWRのぬきおにスポーク張りやってもらいました(笑
本人も初めてなのですが、理数系らしく、てきぱきと作業を進めていくぬきお。
いとも簡単にやり遂げました。

DSC_04232.jpg

ニップルレンチでニップルを回して塗膜が剥がれた部分をタッチアップするぬきお。

DSC_04242.jpg

完成してタイヤを組むぬきお。

DSC_04252.jpg

ホイールを組み付けるぬきお。

DSC_04262.jpg

とりあえず組立完了♪

DSC_04302.jpg

DSC_04292.jpg

派手に思えたカラーチョイスも、組んでしまえばシックな感じでGOOD!
予想通り。ナイスセンス。

俺。

続いてばらし終えたリアホイールのスポークをベンチグラインダーでさびを落とすぬきお。

DSC_04312.jpg

同じく綺麗になったニップルの穴にティッシュをつめてマスキングするぬきお。

DSC_04322.jpg


今日はぬきおに助けてもらい、僕は何もしなくても作業が終わりましたwww


サンキューぬきお。


リアも宜しく頼んます(笑

ホイール組立

おーーーーーーーーーーしっ!!!!!!
待ちに待った組立て♪

DSC_04187.jpg

まずは外側のスポークから

DSC_04197.jpg

反対側も

DSC_04207.jpg

外側も組んで完成!

DSC_04217.jpg



かっこよすぎる(*´д` *)
















しかし、張り調整がうまくいかず…
初めてなもんで要領分かりません…orz
もう少し勉強して分からなければ自転車屋さん行きですな。。。

KLX 塗装続き4

今日もバシバシやっていきまっせ~!!!

とりあえずスポークのマスキング×36…

DSC_04116.jpg

お次はニップルのマスキング×36

DSC_04126.jpg

まずはニップルを塗装するのに、両面テープで貼り付けて塗装準備

DSC_04136.jpg

キャンディーオレンジで塗装

DSC_04146.jpg

ゴールドっぽく見えますが実際はオレンジです。
次はスポーク塗装

DSC_04156.jpg

とりゃっ!

DSC_04166.jpg

あとはクリアー吹き付けて完了!
明日はいよいよ組み付けです♪






仕事後、前の職場の飲み会に参加。
店員さんから出されたジュース。

DSC_04176.jpg

サロンパスと薬を混ぜた味がします(;ω;)
10分の1ほど飲んでお返ししました(笑

KLX 塗装続きその3

さ~てと。
肝心のホイールを塗り始めるとしましょうか!!!



メンドクサ(´д`)

しかーし!
毎日出勤前のコーヒー一服タイム(エンジン暖気の為)のコーヒーとタバコの味をあげる為、
頑張るしかありません。

毎日バイク眺めながらタバコ吸いながらコーヒー飲んでるんですよwww

コレが完成するとタバコがよりうまくなるでしょう♪



塗装の前に注文しておいたドレンボルトが到着しました(´∀`)

DSC_04201.jpg

仕組みはこう↓

spiralspiner-img465x600-1346987097ll6bgr97519.jpg

クランクケースにねじ込むドレンボルトは固定したままで、アダプターを差し込むと
オイルが出てくるという仕組み。
なんで、クランクケースにクラックが入ってたとしても、きちんと閉めこむことができれば、
その隙間を埋めてしまえば、今後緩める必要がないという感じ。

最後に閉めこんだときはきちんと閉めこむことができたので、大丈夫かと思いますが。。。
次に閉めこんで、空回りしないことを願うばかりです…w
そうなったらそうなったでまた考えますが・・・



で、肝心のホイール分解。
今日はとりあえずフロントから。

DSC_04161.jpg

タイヤ引っぺがします。

DSC_04171.jpg

ニップルを1個1個取り外します。計36個…

DSC_04181.jpg

解体完了♪

DSC_04191.jpg

まずはハブを塗ろうかと。
とりあえず脱脂して、ネジ穴やシャフト穴をマスキングします。

DSC_04221.jpg

もちろん下地塗りはしないで、シルバーから。

DSC_04261.jpg

この塗料は特殊で約30分で乾燥します。

その間、スポークを1本1本汚れ落としします(´Д`;)
ベンチグラインダーのワイヤブラシを使って汚れやサビを落とします。

DSC_04241.jpg

地味な作業でツマラン。







完成(汗

DSC_04251.jpg

ハブも乾いたので、早速キャンディーカラーで塗装。
もちろんオレンジで(笑

DSC_04271.jpg

即席なんで間隔あけずにジャンジャン塗り重ねていきます。
やはり垂れましたが、出来栄えは上々♪
間近で見る奴いないでしょうし。







明日はスポークやニップル塗っていきましょう!!!









っが、最近仕事が忙しくてヘバり気味…
しかし頑張ります!!!


KLX 塗装続き

今日も遅刻気味で閉店後のみの作業で~(´∀`;)

とりあえずキャリパーを仮止め。

DSC_04132.jpg

もちろんシールは新品を組み付けました。

ステムも取り付け~

DSC_04122.jpg

フロントフォークも取り付け~

DSC_04153.jpg

ハンドル周りも固定して完成♪

DSC_041433.jpg

遠くから見ると社外のアルマイトステムに見える(*´д`*)
キャリパーも綺麗で目立ちます!!!

明日からホイールやりますか!

KLX 塗装編

エンジンはとりあえず終わったので、今日はお昼ころにお店に行ってセコセコと作業しました。

今日から塗装します!

塗るところは
・ステム
・キャリパー
・ホイールハブ
・スポーク
・ニップル
です。

早速ばらしていきましょう(´∀`)

まずはリアホイールとリアキャリパー

DSC_04113.jpg

次はフロント周り

DSC_04193.jpg

ハンドル周り

DSC_042123.jpg

まずはキャリパーから塗装するとしましょうか。

DSC_04123.jpg

とりあえずピストンを抜きます。

DSC_04133.jpg

ピストンを綺麗に洗浄して傷の状態を確認。うんっ、大丈夫そう。

DSC_04143.jpg


綺麗に水洗いをしてシール類をケガキ針を使って傷をつけないように取り外します。

DSC_0415.jpg

シールを取り外した後の溝を同じくケガキ針で慎重に取り除いていきます。

次は塗料が付いてはいけない箇所をマスキングします。

DSC_04163.jpg


面倒だったのでサフェーサーを吹かずにそのまま上塗りしますwww

DSC_04183.jpg

金色!
ブレンボ風で(笑

次はクリアーを吹きます。

DSC_04246.jpg

完成♪


次はステムを塗ります。
同じく面倒なので下塗りはなし!!!

とりあえずシルバーを吹きます。

DSC_04222.jpg

DSC_042356.jpg

次にキャンディーレッドを吹きます。

DSC_04255.jpg

その後にクリアーを吹きます。
っが、乾くまで待てなかったのである程度したらクリアーを・・・

垂れちゃいました…orz
キャンディーも一緒に垂れちゃいました(泣


まぁ、超即席塗装なんでいいかw


ぱっぱと終わらせたかったんです(´・ω・`)

そんな感じで3時間ほどで本日の作業終了。
あしたからホイールを分解してハブなどを塗装していきます!!!




エンジンオーバーホール 続き3

今日は朝の9時にお店に着いたので早速作業を開始します。

まずはピストン。

DSC_0447.jpg

新品(*´д`*)
リングを組み込みます。
向きがあるので間違えないように。
トップリングとセカンドリングも間違えやすいので注意!

DSC_0448.jpg

装着!!!

DSC_0449.jpg

シリンダーを被せます。
リングが引っかからないように慎重に。

DSC_0450_20121003003031.jpg

ヘッドをのっけます。

DSC_0451.jpg

ヘッドとシリンダーを固定するボルトを規定トルクで締め込み、
とりあえずクラッチ周りを。。。

カムチェーンを垂らします。

DSC_0452.jpg

カムチェーンガイドやギアを組み込みます。

DSC_0454.jpg

クラッチを組んでいきます。

DSC_0455.jpg

とりあえず午前の作業はココまで。



昼に、苦戦したTZR250が納車しました。

DSC_0457.jpg

カウル類全塗装(タンクの凹み修復が大変でした)、ヘッド周りオーバーホール、
キャブオーバーホール、キャリパーオーバーホール…

結構大変でしたが無事納車できました(´▽`)
末永く元気に走ってもらいたいものです。




で、閉店後作業を開始!
カムシャフトを組み付けますが、全開のオートデコンプをぶった切ったカムですが、
ポテンシャルアップどころが、キックが重くなっただけだったので、
スペアのカムを組みました(笑

デコンプ付です。
コレでキックが軽くなるでしょう♪

DSC_0458.jpg

そして上始点にピストンをあわして、カムギアにカムチェーンを引っ掛けます。
そしてカムチェーンテンショナーを取り付けて、組間違いがないか何度も点検します。
コレが間違っていると最悪エンジン壊れちゃうので念入りに。

DSC_0459.jpg

んで、ヘッドカバーを被せて腰上完了!

DSC_0460.jpg

最後にクラッチカバーを被せて、ウォーターポンプを取り付けてこちらも完了。

DSC_0461.jpg

クラッチワイヤーを見ていたら、ほつれ発見!!!!!!!!!!!!!

注文しましょう(泣
切れちゃうとその後運転不可能になりますw

あとはエキパイの取り付け、ブレーキペダルの取り付けですが、1年ぶりに取り外しましたが
ペダルのシャフト部分がグリス切れで動きが渋くなってました。
ココは細かく点検した方がよさそうですね。

DSC_0462.jpg


途中、クラッチの組み付け順序を誤って、再度解体したりもありましたが、
今後はスイスイとできるようになるでしょう。




とりあえずエンジンはドレンボルトを残して完了。
パーツが来たら取り付けて、オイルとクーラーントを入れたらエンジンは終わりです(・∀・)

明日は定休日ですが、元気があれば出向いて塗装をやっていこうと思います!!!!!





エンジンオーバーホール続き

今日の朝は寝坊して作業する時間があまりなかったので、今日は夜からスタートです(・∀・)

とりあえず今日はヘッド周りのカーボン除去をするとします。
ひっくり返す前にタペットとシムを取り外します。

DSC_0430.jpg

吸気側2個、排気側2個ありますが、位置が決まっているので分かりやすいように
マークしておきます。

DSC_0431.jpg

とりあえずひっくり返します。

DSC_0432.jpg

石化したカーボンが付着してますね。
後ほど綺麗にしましょう。

とその前に、キャブのインマニの受け側ネジがこちらも1個なめてしまっているので、
こちらもリコイル修正しましょう(汗

DSC_0433.jpg

うまくいきました♪

DSC_0434.jpg

その後、特殊工具を使ってバルブコッターを取り外した後、バルブを抜き取ります。

DSC_0435.jpg

バルブに固着したカーボンをベンチグラインダーのワイヤーを使って剥がしていきます。

DSC_0441.jpg

もちろん当たり面に当たらないように慎重に…
少しカーボンが残っていますがキニシナイ。。。

ヘッド周りのカーボンはワコーズのリムーバーというケミカルを使って、
頑固なカーボンを溶かしてパーツクリーナーで綺麗に洗い流します。

DSC_0442.jpg

石化したカーボンが少し残ってます。
自分のだし、パッパと終わらせたいんでこのくらいでOKw

DSC_0443.jpg

綺麗にしたら、新品のバルブシールを組み込み、バルブを差し込み、
再度、特殊工具を使ってバルブコッターを入れ込みます。

DSC_0444.jpg

きちんとコッターが入っているか念入りに確認。
綺麗に入ってないとバルブが落ちちゃって、エンジンブローですからね~

確認としてはリテーナーの磨耗具合や、バルブのあたり面もちゃんと見ました。
排気側のバルブのあたり面に少しカーボンが付着していたので、
専用のコンパウンドで綺麗にしました。

あとはエンジンブロックのガスケットのカスをオイルストーンを使って綺麗に慣らした後、
脱脂して作業は終わり(´∀`)

明日にはエンジン組めるかな???

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。