FC2ブログ

Aim at the most speed?

また復活しますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KLX250 クラッチスプリング加工

本日もいつものようにビンボチューンしました(笑

今日はクラッチスプリングに一工夫しようかと。
強化クラッチスプリングを装着して、ワイドオープン時に少なからず滑りが生じる
クラッチプレートの対策をしようかと。。。

強化クラッチスプリングを装着するにあたって、滑りが減少してレスポンスが
上がるのが狙いです。

KLXではバーネットあたりが有名ですが、価格にして4000円ほどとリーズナブル♪

しかーしっ!!!

ロケットはビンボーです(´;ω;`)
4000円の出費が痛いんです(´;Д;`)

ってなことでお金をかけずに同様のチューニングをすることに。

用意するのはこちら

DSC_053433.jpg

ワッシャー6枚です(笑
ホームセンターで買っても100円くらい。
僕はお店でお古を用意したのでタダw

サイズは外形15mmで内径が11mmのものを用意。
厚みは1.7mmで統一しました。

クラッチハブの内側にワッシャーが少し干渉するので少し削ります。

DSC_054033.jpg

今まで一度もクラッチアウターカバーを外したことの無い車両であれば、
新品のガスケットを用意した方がいいでしょう。

加工が終わったらクラッチアウターカバーを取り外します。

DSC_053533.jpg

続いてカバーからクラッチのロッドを抜きます。

DSC_053633.jpg

お次は真ん中にある棒状とカラーみたいなのを取り外します。

DSC_053733.jpg

取り外したら6本のボルトを均等に緩めていきます。

DSC_053833.jpg

ボルトとプレートを取り外したらスプリングが取り外せます。
スプリングが入っていたところにワッシャーを差し込んで元通りに組つけます。

DSC_054133.jpg

ボルトを均等に締めこんでいきますが、締めすぎに注意しないと簡単に折れてしまうので注意。

約5分で終了w

いざエンジン始動!!!








なーーーんかよくなったような???
変わらないような???


まぁこんなもんでしょう(´∀`;)

ワッシャーを追加してもいいですが、社外品のようにバネレートを上げてるわけではないので、
やり過ぎるとクラッチのキレが悪くなったり、最悪クラッチレバーを握っているのに
前に進んでしまうようになる恐れがあります。

程々がいいということで僕はこれくらいにしておきます(笑

やり直す作業が面倒なので。


こういう変わったか変わっていないか分からないようなチューニングでも、
確実に性能は上がっているはず、小さな積み重ねが大きな差が出ると信じて
ロケットはビンボチューンを進めていきます(恥



このあと続けて自作チューブレスホイール加工をしました!!!
これもビンボチューンですwww

結果は後日。


お楽しみに。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。