FC2ブログ

Aim at the most speed?

また復活しますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレイジーな方々



これ見てると、クレイジーな奴はイッパイいるなと思ってしまいます。

ポルシェとフェラーリの追突・大爆発事故はたしか富士スピードウェイ
での事故だったと思う。そういう話を聞いたことあるような???
霧で前方が殆ど見えないところレースを開始してしまった為に
ウォーミングラップ中に惨事が起こってしまった・・・と思う。たしか。

フェラーリのドライバーは顔面黒焦げになってしまったみたいです。
他の動画を見ると顔から黒煙がモクモクと出てました。

4輪のヘルメットは防炎仕様になっているんで数千度の熱でも
大丈夫な作りみたいですが、さすがにシールドは溶けてしまいます。
そこに数千度の熱風が入ってきたら・・・
寒気がしますな!ガクガク(((゜Д゜)))ブルブル

何年か前に、ルマン24時間耐久レース(4輪)でポルシェの
日本人ドライバーがクラッシュし炎上!

同じような惨事に見まわれ、顔面大やけどを負ってしまう
事故もありました。
皮膚・鼻・まぶた・耳・唇などはすべて溶けてしまい、
危うく死に掛けましたが、何とか生還。
しかし、病院での治療は地獄そのものだったみたいです。

しかも事故後、包帯をほどき、骸骨みたいになった自分の顔を
見たときはホント、ビックリしたそうです。
「これが俺の顔?」
やけどの治療はマジで苦痛そのものだったみたいです。

2輪の方が危ないイメージがありますし、実際そうなんでしょうが、
こういうシーンを見ると4輪も怖いですね・・・

僕も次は死にかけないように気をつけます(´-ω-`)ナムー
死はどういうものかすでに経験しているだけに・・・
しばらくはマジで苦しいよ♪
その後はあんまり覚えとらん・・・



←脱出はこちら(・∀・)ブログ人気ランキングへ
スポンサーサイト

コメント

はじめまして

 はじめまして、いつも読ませていただいてます。
事故は本当恐ろしいですよね。特にレースにおいてはドライバー、ライダーだけが気をつけてれば良いって訳ではなく、オフィシャルやコースそのものの安全対策をもっと考えないと危険性は増すばかりですよね。
 冒頭で登場したポルシェとフェラーリの接触事故ですが、98年の全日本GT選手権の映像ですね。ドライバーの方は太田哲也さんって方です。太田さんは全身に大火傷を覆いながらも必死の治療、リハビリを重ね復活しレース活動への復活も近年されたようです。
 どんな形であれ生きてさえすれば、その先の未来があるわけですから、マン島で亡くなった前田選手、鈴鹿で亡くなった加藤選手にはなんとしてでも生きてほしかったなぁ。と改めて感じてます。
 レース活動頑張って下さい!!出身が同県なので影ながら応援してます(^▽^)
駄文失礼しました。

  • 2007/02/16(金) 19:36:44 |
  • URL |
  • りょーた #-
  • [ 編集]

返事遅くなっちゃいました

返事遅くなりました。
すみませんm(_ _)m

ホント、りょーたさんの言うとおりです。
生きていてナンボですよね。

いい事あったり、悪いことあったりと、
生きているからこそで、死んでしまっては
それさえも感じることが出来なくなりますもんね。

今年もレースに振る参戦する予定?←金が追いつければ・・・

ですが、怪我だけはしないようにしないといけませんね!
まっ、慣れてしまってる部分があって、
結構スピードが乗っているときに転倒しても
転がる最中に
「こういう体制で滑っていけば怪我はシネーだろ」
っとか考えながらグルグル回るようになっている
自分がある意味危険と思うようになっていますが(笑)
怪我をしない+成績を残す・・・ように頑張っていきます!応援宜しくお願いします!

  • 2007/02/18(日) 23:05:29 |
  • URL |
  • ひであき #NJt3cQUk
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m32racing.blog77.fc2.com/tb.php/106-5082ff11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。