Aim at the most speed?

また復活しますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事帰宅しました

やはり火花が飛ぶとき飛ばないときがあるので、何か悩んでました。
ステーターコイル?ピックアップコイル?イグニッションコイル?
コントロールユニット?ハーネスの断線?

ステーターコイルをテスターで調べるには抵抗値を
とりあえず計りますが、完全に切れていなくても
短絡して十分な発電がされない場合があります。

見た感じ黒かったですが焦げてる感じはなかったです。
そこで規定値以上の数値を調べるにはピークボルテージアダプターという
テスターに繋ぐ器具が必要です。






はい。お金ありません(泣




それとピックアップコイルも疑わしいです。
ここでピックアップコイルが機能しないと火花が飛びません。
これを調べるにもピックアップコイルが必要です。

メーカーからの部品配給ではステーターコイルとセットになっているので
普通なら2万円コースです。



もちろんお金はないので確証がないのにお金は使えません。。。



以前に焼き付いて使えなくなったステーターコイルが
まだ保管されていることに気づき解体して、
今のピックアップコイルと取り替える準備を

DSC_0005107351.jpg



しかーーーし!!!
ここで問題発生!!!


確証がないのに作業するのが面倒くさい(笑



自分のバイクなのでどうしても甘えが出てきますw


ということで違うところを探します。







あっ!


DSC_000309263.jpg

プラグコードの被膜が削れて導線が剥き出しに!
ここかいな。。。
恐らくここからエンジンにリークして火花が飛ばなかったんでしょう。

しかし、ここの部品を買うとなるとイグニッションコイルと
セット販売。。。



お金はないので(泣
ってか使いたくないので(-_-;)

DSC_000895291.jpg

被膜が削れてるところをカットしてジョイント使って修復しました。
その後何回もキックを踏み下ろしましたが、エンジンがかかるので
ここで間違いないでしょう。

それでも心配なのでロードサービスに加入して帰宅。

無事帰宅しました(*´д`*)




しかし気になったのが若干エンジンがかかりにくくなってるような気が。。。
念のため近々バルブクリアランスを計ってみます。
ここは面倒くさがらずに(笑

でも圧縮は10kgはあったから大丈夫か?

いや、やっておこ。
あとは季節が代わり始めたのでキャブセッティングを変更したんですが、
明日プラグの焼け具合を見てみます。






ってな感じで今回も無事治りました。
トラブル多くて嫌になりますが、メカニックとして色々な経験を
積むにはある意味好都合な車両なのか?(笑


できるだけめげずに走ります!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。